壁紙.comサービス障害のお知らせとお詫び (ウィルススキャンのお願い)

日頃より、壁紙.comをご利用頂き誠にありがとうございます。

本日0時過ぎに外部から当社サーバーに対するアタックがあり、本サービスサイトにアクセスされた方が、
一方的に海外のサイトに移動する状況が起きるなど、一時的にサービスの提供が不安定な状態になっておりました。

既にサービス自体は復旧しておりますが、現在までに判明している状況を以下ご報告致します。

皆様には、ご不便ご心配をお掛け致しましたことを、深くお詫び申し上げます。

【現在までに判明している状況】
本日0時頃に、特定IPアドレスから不正なPOSTリクエストを受信しました。
これによって広告配信システムのバナーに不正なjavascriptを埋め込まれ、このバナーを含む画面を表示しようとした場合に、 一方的に特定の海外WEBサイトに自動遷移される事態が生じておりました。
弊社ではこれを感知後、速やかに広告配信システムを全停止し、不正コードの抽出、削除を行いました。

現在、アタック元の特定作業と、併せて捜査機関への被害申告、捜査依頼を行っております。

ご不明点等ございましたら、お手数ですが 壁紙.comサポートセンターまで
お問い合わせ頂けますようお願い申し上げます。

今後このような事態が起きないようシステムの見直し、管理体制の強化などに改めて努めてまいります。
皆様に、ご不便ご心配をお掛けしましたことを、深くお詫びいたします。

【6/5 16:00更新】

本日発生した障害について、すでにサービス事体は復旧しておりますが、障害時間中に本サービスサイトのバナーに不正なjavascriptを埋め込まれ、このバナーを含む画面を表示しようとした場合に、特定の海外WEBサイトに移動する事態が生じておりました。現在までの追跡調査において、移動した先の海外のサイトでウィルスに感染する可能性がある事が判明しております。平素からご利用頂いている皆様にご心配ご迷惑をお掛け致しましたことを、心よりお詫び申し上げます。

なお、アタックを受けた広告配信システムに個人情報は含まれておらず、個人情報漏洩の可能性はありませんので、ご安心下さい。
現在までに当社の調査で判明している事実は以下の通りとなります。


1.不正アクセスを受けた期間
2010年6月4日0時〜9時55分(該当広告配信システムをサービスから分離し、同時刻復旧)

2.誘導先の海外のサイトで感染する恐れのあるウィルスについて
ウィルスの種類:トロイの木馬

3.感染しているかを確認駆除する方法
■トレンドマイクロ社 オンラインスキャン
http://www.trendflexsecurity.jp/housecall/index.html?WT.ac=JPclusty_onlinescan
■マカフィー ウイルス診断
http://www.mcafee.com/japan/mcafee/home/freescan.asp
■Symantec セキュリティチェック
http://security.symantec.com/sscv6/default.asp?langid=jp&venid=sym
■Sophos セキュリティスキャン
http://www.sophos.co.jp/products/free-tools/free-security-scans.html

※お手持ちのウィルス駆除ソフトを最新の状態にして、ウィルススキャン頂けますようお願いいたします。


現在は、復旧しており、特定の海外WEBサイトに移動する恐れはありませんので、ご安心下さい。 引き続き、サイトの安全管理については細心の注意を払って参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。 この度は、ご心配ご不便をお掛け致しまして、誠に申し訳ありませんでした。

本件に関するお問い合わせ : 壁紙.comサポートセンター http://www.kabegami.com/kabegami/support/support_form.html